派遣会社おすすめの5社と知らないと損をする選び方のポイント4つ!管理人の失敗エピソードも交えてご紹介!


派遣会社選び方のポイント4つ

「派遣会社って多すぎてどこが良いのかわからない」

日本には大小合わせて約8万3千もの派遣会社があり、世界でも最多となっています。

そんなに多くの派遣会社がある中で、
どのように登録する会社を選べばいいのか。

迷ってしまいますよね。
そんなあなたのために、ポイントを4つご紹介します。

・口コミや評判を確認
・希望条件に合う求人があるか
・福利厚生の充実度を確認
・スキルアップ支援制度を確認


この4つのポイントを確認してほしい理由を詳しく見ていきましょう!



口コミや評判をきちんと確認する

派遣会社を選ぶ時、必ず確認してほしいのが登録しようと考えている会社の口コミや評判です。

実際に派遣登録し就業してみるまで分からないことでも、実際に同じ派遣会社で働いたことのある人の貴重な情報を得られます。

「重要な連絡事項を怠りがち」
「希望条件とは正反対な案件ばかりを勧めてくる」


派遣会社の口コミは主に担当さんに対する内容が多く見受けれます。

信用できるかどうか、自分の希望を最大限叶えるよう手助けしてくれる会社かを口コミや評判から見極めましょう。

ただし、悪い口コミも投稿者個人の主観によるものも多いので、内容はしっかり精査しましょう

希望条件を満たしている仕事を扱っているか確認する

仕事を選ぶ時、誰しも希望する職種や働き方など条件を基準に考えるかと思います。

派遣会社に登録する際には、自分の希望する条件を満たす仕事を扱っているかを確認しておく必要があります。

アパレル関係の仕事がしたいのに求人がない会社だったり、家庭のため時短勤務がしたいのにフルタイム案件が大半な会社では意味がありませんよね。

派遣会社の中にはアパレルに特化した会社や働くママさんのニーズに応えた雇用の形を用意している会社もあります。

希望条件を満たす求人があるのかを確認することは、派遣会社の選び方の重要な項目の一つです。

大手の派遣会社になるほど求人数も多いので、条件に合致する求人を見つけやすくなります。

福利厚生が充実しているかを確認する

派遣会社を選ぶ上で福利厚生の充実さがなぜ大事なのか。

理由は派遣スタッフへのフォローの手厚さの指標となるからです。

派遣社員であっても条件さえ満たせば健康保険や厚生年金といった社会保険に加入、有給や産休もきちんと取ることができます。

有給を取ろうとした時に何かと理由をつけて取らせないなんてことがない。
義務とされている福利厚生以外にも、派遣スタッフへの福利が設けられている。

といった派遣スタッフへのフォローに力を入れている派遣会社は、それだけ良い派遣会社の指標となります。

法律で義務化されている福利厚生は、「社会保険」「雇用保険」「労災保険」の3つなのでそれ以外の福利厚生を意識してチェック!

スキルアップ支援制度を確認する

派遣会社ごとのスキルアップ支援制度の充実さも選ぶ際にチェックしておきたい項目です。

派遣スタッフは社外の人間ということもあり、派遣先企業内での昇進はありません。
そのため、昇給やより良い待遇を獲得するにはスキルアップが不可欠です。


派遣会社の中には自社でスキルアップをサポートする制度を持っているところもあり、会社の規模によっても研修制度の充実さが異なります。

派遣社員として経験をつんでゆくゆくは同じ業界の正社員を目指したい。
より高いお給料を目指したい。


そういった目標がある人は、研修制度も確認するようにしましょう。

自宅でスキルアップができる制度を設けている会社もあります。
働きながらでもスキルアップ可能!

管理人おすすめの派遣会社

派遣会社の選び方のポイントを4つご紹介してきました。

では、ポイントを踏まえた上で具体的にどの派遣会社が良いのか。

管理人がおすすめする派遣会社を5社挙げていきます。

派遣登録で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

テンプスタッフ

テンプスタッフ

テンプスタッフは国内の派遣業界最大手の派遣会社です。

創業者が女性ということもあり、女性のライフスタイルに合わせた働き方へのをフォローを含めた派遣スタッフのケア、福利厚生と研修制度も充実しています。

知名度と派遣スタッフの満足度の高さから、特に派遣登録が初めての人にオススメとなっています。

また、求人件数も常に30000件以上用意され、対応業種もほぼ100%カバーしているのも特徴です。

扱っているお仕事の数も多く色々な種類があるので、あなたのしたいお仕事がきっと見つかりますよ。


アデコ

アデコ

アデコは人材派遣業界で世界売上高No.1を誇る派遣会社です。

日本以外にも世界60カ国以上に拠点があるため、外資系求人が豊富に揃っているのが特徴となっています。

また、担当者の質が高く、今後もこの派遣会社のスタッフとして仕事がしたいNo.1に選ばれた実績もあります。

提携スクールを活かしITや語学系など幅広いジャンルのスキルを磨くことも可能で、未経験のジャンルでも積極的にチャレンジできる環境が整っているのです。

直接雇用を前提とした紹介予定派遣にも強く、海外を視野に入れながら手厚いフォロー体制の下でバリバリ働きたい人にピッタリの派遣会社と言えます。


リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、聞いたことがある人も多いリクルートグループの派遣会社です。

知名度とグループ規模の大きさを活かし、大企業・有名企業の求人を多数取り扱っています。

スキルアップ目的と受講方法から選択できる研修制度の充実さ、リクルート独自の保険組合による手厚い福利厚生を受けることが可能です。

リクルート健康保険組合へ加入すると無料歯科検診や人間ドッグ、ベビーシッター割引も利用でき、スタッフをお仕事外の面からもしっかり手助けしてくれます。

派遣登録からお仕事の紹介までの早さもウリの一つで、オンライン登録は忙しい人でもスピーディーにお仕事探しをサポートしてくますよ。


ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界シェア2位のグローバルな派遣会社です。

『ワーキングマザー支援』という働くママさん向けの支援制度があるのが特徴となっています。

お子さん一緒に派遣登録できるオフィスやワーキングマザー向けのキャリアサポートを完備しており、口コミでも高く評価されています。

また、他の派遣会社と比べて短期・単発の求人が多く、スキマ時間に稼ぎたいWワーカーや忙しい主婦にも嬉しいポイントと言えるでしょう。

こだわりや譲れない条件を持って働きたい人にピッタリな派遣会社となっています。


ヒューマンリソシア

ヒューマンリソシア

ヒューマンリソシアは「ヒューマンアカデミー」と同じグループ会社であり、育成型の人材派遣サービスを行っています。

教育関係の事業を運営している会社が母体となっているので、資格取得やスキルアップの支援がかなり充実しているのが特徴です。

教育関係に力を入れている会社と協力したスキルアップ支援制度って頼もしいですよね。

また、派遣会社の規模としては大手には劣りますが、母体の会社が大きいので有名企業の求人も多数扱っています。

優良派遣事業者の認定も受けているので、ヒューマンリソシアは国に認められた良い派遣会社であり、大手じゃないからといって登録を避けるのは損と言えるでしょう。


しっかり派遣会社を選ばないとこんなことに!管理人の失敗エピソード

派遣スタッフは派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の会社でお仕事をします。

なので、基本的に業務関連でのトラブルは派遣先ではなく派遣会社側に相談・要望を出すことになります。

しかし、派遣会社の選び方を間違えると派遣スタッフ側に不利益となってしまうことも多々あるのです。

実際に管理人自身が経験した失敗エピソードをご紹介します。

エピソード①:業務内容が異なる
お仕事を紹介していただく時、コールセンターは避けたいと伝えていました。

「このお仕事はたまに受電があるくらいで基本的にはPC作業です」と言われ働き始めました。

ですが、実態は「たまに受電」ではなく「ほぼ荷電」!


数日働きましたが、業務が異なることと会社への不信感で契約終了させていただきました。
エピソード②:担当と合わなかった
ある時、派遣会社で少し役職の高い人が担当となりましたが、合わない人で登録解除まで至りました。

こちらが今の派遣先での契約は更新しないと言った時、
「困っているならそれをどう解決するか○○さんが引っ張っていこう」

「僕の場合は苦境をチャンスと捉えて,,,」
と話し始め、自分語り本当いらないですと思ってしまいました(笑)

些細なことかもしれませんが、これからもこの人と関わっていくことになるのだと思うと嫌になったのが、当時の率直な気持ちでした。

自分に合う派遣会社を利用しよう!

日本は世界で一番派遣会社が多い国です。

それぞれの派遣会社に特徴があり、扱っている求人もそれぞれとなっています。

世界一と言われるほど乱立していることもあり、中には口コミでもよく見かけるような酷い会社もあるようです。

そんな中から自分の希望を叶えより良い派遣ライフを送るためには、派遣会社選びをきちんと行う必要があります。

紹介した選び方のポイントやおすすめ派遣会社の情報を参考にして、あなたにぴったりな派遣会社を見つけていただければ幸いです。

先頭へ

目次へ